不用品と不要品の違いを理解して処分しよう!

使わなくなった家電・家具を処分する際、「不用品」か「不要品」のどちらに該当するかで処分方法が異なります。

経済的にもお得に処分できるので、不用品と不要品の違いをしっかりと理解した上で、処分しましょう。中標津で不用品の処分にお困りの方は、どうぞ株式会社サクセスまでご相談ください。

不用品と不要品の違い

不用品と不要品の違い

不用品回収サービスを利用する時やいらなくなったものを処分する時に意外とわからないのが、不用品と不要品の違いです。不用品と不要品の違いがわからず、処分方法や対応に困っている方も少なくありません。

不用品と不要品の大きな違いは、「使えるかどうか」です。不用品はジャンク品と呼ばれており、壊れて使えなくなってしまった状態のことを示します。家電品なら、本来の機能が動かない、電源自体が入らなくなってしまったものなどが挙げられます。

一方、不要品とは機能面に問題はないものの、要らなくなったものです。そのため、リサイクル可能と判断されるものも多く、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

処分方法にも違いがある!

処分方法にも違いがある!

不用品と不要品では、処分方法にも大きな違いがあります。不用品は壊れてしまったものなので、有料で処分することがほとんどです。安く処分したいなら「行政処分」、時間がない場合には不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

また、エアコンやテレビ、冷蔵庫などは「家電リサイクル法」に基づいて、家電品メーカーや小売店などで回収することになります。一方で、不要品は必要ではないものなので、無料回収や買い取ってくれることが多いです。

不要品の中には、リサイクルショップやオークションサイトで高く売れるものもあります。また、不要品は海外の被災地や発展途上国に寄付することもできます。

不用品の処分は、忙しい方にとって大きな負担となります。中標津で不用品回収にお悩みの方は、株式会社サクセスへご相談ください。株式会社サクセスは中標津や釧路で、個人宅の整理や片づけの他、オフィスや店舗などの片づけをお手伝いしています。

お客様のご要望にお応えする柔軟なサービスは、口コミで評判です。処分に悩みがちな大型家具などがありましたら、どうぞ見積もりからご依頼ください。釧路はもちろん、中標津など幅広いエリアからのお問い合わせをお待ちしています。

不用品回収なら釧路・中標津など幅広いエリアに対応する株式会社サクセスにお任せ

会社名
株式会社サクセス
代表者
福澤 護
住所
〒085-0806 北海道釧路市武佐1丁目1−9
TEL
0154-64-5646
FAX
0154-64-5596
URL
http://success946.com/
営業時間
9:00~17:00
事業内容
空缶回収、空きびん回収、遺品整理業、家電リサイクル処理、空箱回収、古紙回収、 再生資源回収・卸、再生資源リサイクル、製紙原料、清掃業、 遺品整理業、壁紙工事、空箱回収、古紙回収、再生資源回収・卸、水道衛生工事・保守、 製紙原料、清掃業、暖房機器修理サービス、内装工事、排水管つまり清掃、リフォーム、ハウスクリーニング