お知らせ

news

不用品回収無許可の不用品回収業者には依頼しない!!

自宅にある不要品を整理・処分する際、不用品回収業者に依頼しますよね。しかし、業者の中には無許可で違法に回収を行っている場合もあり、業者選びには注意が必要です。ここでは、無許可の不用品回収業者に依頼してはいけない理由についてお伝えします。

 

違法な不用品回収業者で不用品処分を行っていませんか?

違法な回収業者が存在する理由とは

実は、不用品回収において廃棄物収集処分を行うことができる為には、処分する為の許可取得が必要になります。しかし、この許可取得と言うのは、取得するのが非常に難しく簡単に取れるものではありません。基本的に家庭から出るゴミと言うのは、生ゴミであっても廃家電であっても、まとめて廃棄物と呼ばれています。通常、この廃棄物回収処理は、地方自治体が行うことが義務になっているのですが、自治体では回収事業を業者委託するケースが多いので、こうした委託業者には一般廃棄物収集運搬許可が与えられていることを知っていますか?この許可の新規取得することが難しく、各自治体ではこの許可を持った業者と言うのが十分いる為、その他に許可を持った業者が増えては仕事が減ってしまいます。

また、同じように企業や法人などから排出される廃棄物は、産業廃棄物収集運搬の許可があります。こちらの許可の方が般廃棄物収集運搬許可と比べて、取得が簡単だと言われており、このような背景からも新規で一般廃棄物処理業許可取得は難しいのです。町中を周回している廃品回収業者と言うのは、実は、このような許可を持っていないまま廃品回収を行っており違法に該当します。

 

なぜ「無許可」の廃棄物回収業者に廃棄物処分依頼してはいけないのか?

皆さんも、「粗大ごみの無料回収承ります」「故障家電製品を何でも回収します」など、お得な回収サービスをアピールしているトラックを見たり、同様の内容が謳われているチラシなどが自宅のポストに入っていたり、このような経験はありませんか?こうした案内を行っている不用品回収業者と言うのは、リユースやリサイクルなどを目的に活動している事業者であり、且つ、無許可廃棄物回収を行っている事業者でもあります。

廃棄物に関する法律では、家庭から出る廃棄物回収を行う場合には、一般廃棄物処理業許可が必ず必要です。産業廃棄物処理業許可・古物営業許可・貨物運送事業許可では、廃棄物回収は基本的に行うことはできないのです。なので、市区町村の許可がない業者は、一般的に廃棄物回収違法です。このような無許可回収業者を利用すると、「無料なはずが不用品をトラックに積んだ後に料金請求されるなど、業者との間でトラブルが多く発生していることが挙げられます。また、悪質業者と言うのは、回収物の適正処理を行わずに不法投棄したり、有害物質除去を行わずに海外売却したり、環境汚染や健康被害に関する事例報告がなされています。なので、家庭から出た不用品と言うのは、しっかり市区町村の決まりに沿って、適正処理することが大切です。

 

産業廃棄物処理業の許可の記載があれば問題ない?

産業廃棄物収集運搬業許可の取得で可能なこと

産業廃棄物回収を行うことができる

産業廃棄物収集運搬業許可取得では、産業廃棄物回収が可能となります。例えば、使用済みタイヤ・木くず・作業用手袋・レントゲンフィルムなどは、回収の対象になります。不用品回収業においては、空荷回収車が走る程コストはかかってきます。なので、産業廃棄物収集運搬業許可は、こうしたコスト軽減に一役買ってくれます。

条件付きで家電リサイクル法4品目の回収が可能

不用品回収業者が産業廃棄物収集運搬業許可を取得している場合、大きなメリットとして挙げられるのが、条件付きで家電リサイクル法4品目の回収ができることです。通常であれば、一般家庭で使用されていた使用済み家電と言うのは、一般廃棄物に該当します。なので、本来であれば、回収する際には一般廃棄物収集運搬業許可が必ず必要になります。しかし、家電リサイクル法で定められている4品目家電、エアコン・テレビ・冷蔵庫、冷凍庫・洗濯機、衣類乾燥機は、法律上で例外が認められています。産業廃棄物収集運搬業許可を持っている業者であれば、適正に回収することができると決まりが設けられています。

 

自宅にある不要家電を処分するお勧め方法は?

不用品回収は業者依頼すること

不用品回収のお勧めは、やはり、回収業者に依頼する方法が間違いありません。この方法では、自分の家に業者が訪問して不要家電を引き取ってくれるので、自分から重量のある家電をわざわざ持ち込む必要もなく便利です。また、大体どこの不用品回収業者もそうですが、不用品回収の即日対応を行っているところも多いので、不要家電も直ぐに回収依頼することが可能です。処分するまでの全作業を業者が行うので自分の負担も軽減され、いつでも簡単に依頼することできます。さらに、不要家電でプレミアが付くような商品、保存状態の良いアイテムに関しては、買取もできるので回収費用も節約に繋がります。

不用品回収の業者依頼はこんな人にお勧め

大体、どの業者も24時間365日対応です。なので、自分が「不要家電を処分したい」と思った時に、業者へ依頼することができます。また、搬出から処分に至るまでの全作業を業者が行うので、忙しくて時間が無い方や、面倒なやり取りやが手続きなどが苦手な方、そう言った方々には便利に利用することができお勧めです。他にも、まとめて家電を一気に処分したい方や、不用品やゴミなどが溜まっている方なども、回収業者に依頼すれば回収してくれるのでお勧めです。

2020年11月06日

早めに行う生前整理!!生前整理を行ってより良い人生を送る!!

生前整理は、自分が生きている間に身の回りの整理を行う事です。生前整理は、自分の為にも家族の為にも将来負担がなくなるので、今から準備をしている方は少なくありません。ここでは、生前整理について色々押さえておきたいことをお届けします。

 

そもそも生前整理とはどんなことをするの?

生前整理とは

生前整理と言うのは、自分がこの世に生きている間に、自分の身の回りの物・財産・人間関係などに関して、確認したり整理したりすることです。生前整理を終活と捉えると、死を意識したものとして考えてしまいますが、本来、生前整理を行う行為と言うのは、自分の人生をより快適に生きるための準備です。生前整理をすることによって、自分や家族の財産を守ることへも繋がり、20代や30代の若い内に作業を進めても何も問題ありません。

生前整理の必要性

遺品整理になると、お葬式や相続など死後手続きを行わなければいけなかったり、家財や身の回りの物を処分したり、やらなくてはいけないことが沢山出てきますよね。それは当然のことですが、終末期や自分が亡くなった後にそれらの作業を自分で行うことはできません。なので、そんな時に備えて、家族や信頼できる人に必要情報を知らせたり、残したりすることは、自分の後を託す人にとっても助かることであり、また、とても重要なのです。

 

生前整理はどのように進めるの?

1.始めに行うのは物の整理

まず、所有物に対して要る物・要らない物の判断が必要です。この際、判断に迷う物があればすぐに処分をせずに、一旦、保留にしておきましょう。その理由は、不用意に捨ててしまった場合、後で処分したことを後悔するケースもあるからです。また、遺品で残すと決めた物に関しては、自分が死んだ後に誰に渡すかについて考えておくとスムーズです。他にも、遺品の分配についてエンディングノートに詳細を記載しておくと、遺族への形見分けもしやすくなるのでお勧めです。

2.次に行うのはお金の管理

次は、お金や不動産などの把握と管理を行いましょう。この作業は、生前整理の重要なポイントにもなるので、丁寧に行うことがポイントです。自分が持っている全ての資産を洗い出して、まずはリストアップすると良いです。所有資産と言いうのは、具体的に預貯金・有価証券・株・不動産・家具・預金など、財産に関係する全てのものに該当します。特に、ネット証券やネット銀行などは通帳や証書が無いケースもあるので、亡くなってから発見しくいので、アカウントへログイン名なども記載しておくのがお勧めです。また、遺産相続に関して何か希望することがあるような場合には、遺言書作成が必ず必要になります。エンディングノートに書き記しても法的効力はないので、確実に意志を伝える場合は法に則って遺言書作成を行い、所定保管方法で保存するようにしましょう。

3.最後は死後に行う葬儀や墓などの段取り

生前整理では、死後の段取りを行うことも含まれています。なので、葬儀やお墓に関して何か希望がある場合には、事前に色々なことを検討しておく必要があります。昨今、自分が亡くなる前に葬儀申し込みができる生前契約をされる方も多く、自分の希望に沿った葬儀社を探すことも可能です。また、遠方に家族のお墓のある場合は墓じまい、また、お墓がない方は生前墓を建てる、このようにお墓をどうするかの検討を行いましょう。生前墓と言うのは、自分が生きている間にお墓を建てることで、遺族への負担を軽減して自分が選択したお墓に入ることができます。

 

大切なことは文面に記しておきましょう

遺言書を残すメリットとは

 

相続人同士で円滑に相続手続きができる

遺言書の大きなメリットは、相続人同士で円滑に相続手続きができることです。遺言書を残しておくことによって、相続手続きの際に相続人同士が揉めてトラブルになることを回避することができます。相続が発生するような場合には、どうしても相続人全員の意見一致により、手続き進行していく必要があります。故人の全財産をどのように分配するかの判断は、非常に大変で難しいものです。遺言書で相続人の何を相続させるか、その内容を自分が生前時に決めておけば、遺産分割協議も不要です。

相続人が遺産分割方法について悩まない

生前に自分で遺言書を残しておくことで、相続人の誰にどの割合で何を相続させるか決めることができます。なので、相続人全員で話し合う必要もありません。遺言書に従い、相続するだけなので負担が軽くなります。

遺産分割協議の手間が省ける

遺言書が無い場合は、遺産分割協議を必ず行なう必要がありますよね。しかし、遺言書で遺産分割を行っていれば、遺産分割協議を相続人全員で行う必要性はなくなります。

自分が財産を与えたい人に財産を分配できる

法定相続人には、長男の妻・孫・内縁の妻は含まれていません。しかし、遺言書によってそれらの人物に向けて財産分配の記載があれば、自分の財産をあげることができます。

 

遺言書作成のまとめ

基本的に、特に遺言書が無くても遺産分割はされます。しかし、法で定められた相続人以外に財産を引き継ぐ、特定財産を特定の人に遺す、このような場合には正式な遺言書で示し必要があります。自分が死んだ後に、遺族で遺産分割のトラブルを回避する為にも、遺言書作成はお勧めです。

2020年10月06日

遺品整理を行う際のポイント!失敗しない良い遺品整理業者の選び方とは?

遺品整理は、頻繁に行うものではありませんよね。なので、その分しっかり信頼できる業者選びが大切になってきます。ここでは、遺品整理を行う際の良い業者選びのポイントについてお届けします。是非、業者を選ぶ際の参考に役立ててみて下さいね。

 

複数の業者に相見積もりをして比較しましょう

 

相見積もりについて

相見積もりと言うのは、複数業者から見積り依頼をして提示してもらうことです。相見積もりを行うことのメリットは、それぞれの業者が提示する料金やサービス内容などに関して、比較することができると言う良さがあり、自分が求めているサービスと料金を見ながら最適な業者を選択することができます。また、遺品整理の見積もりでは、どの業者も基本的には料金提示は無料で行っています。なので、複数社から見積もり取っても、特に見積もり費用がかむことはありません。

 

「良い業者」と「悪い業者」の違いについて

悪徳業者を見極めるポイントはココ!

 

大体の料金しか提示しない

遺品整理の見積時に、業者の中には大体の料金しか提示しない場合には注意が必要です。この場合、正確な料金と言うのが分からないですよね。そうなった場合、どうしても想定外の料金トラブルは発生しやすいものです。例えば、実際の遺品整理作業が終了した後に、追加料金が発生するなど、法外な料金請求を求められる恐れがあるので注意が必要です。ので、具体的に見積もり時に提示しくれる業者を選びましょう。

 

お客様対応に時間がかかる

例えば、お客様からの質問や問い合わせに対して、業者側は対応が遅くなってはいけません。対応が遅い場合には、その業者に遺品整理依頼をしても、納得のいくサービスを受けることができる可能性は低いです。このような悪徳業者に依頼すると、遺品整理を行う際に盗難されたり、大切な品物を紛失されたり、色々とトラブルが生じる可能性もあるので気を付けましょう。

 

事業所を構えていない

遺品整理業者で自分の会社の事業所を構えていない場合、そこには注意が必要です。そう言った業者は、必ず何かしらのトラブルが発生しやすいからです。また、連絡先が携帯電話だけなどの場合は、遺品整理で何かトラブルがあったとしても、責任の所在がはっきりせず、また、業者に対して事実関係の確認も難しくなってしまいます。なので、しっかり事業者を構えているかもポイントになります。

 

「不用品処理業者」と「遺品整理人」が違う理由

 

そもそも遺品整理と不用品回収の違いとは

遺品整理は、故人が残された物のことを指し、遺品を取り扱います。一方、不用品回収とは、要らない物の片付けです。整理と言う点では同じですが、遺品には相続人が必要であることが大きな違いです。相続人が一人の場合は、遺品の始末の判断はその人が決定できますが、相続人が複数人いる場合には、相続人の一人の権限で遺品整理は行ってはいけないのです。逆に、不用品回収は、相続人は関係ありません。なので、自分の意思で物の処分を行うことができます。

 

遺品整理人と不用品回収人の違い

遺品整理に関しては、相続人同士の話し合いの上で故人の形見分けや、誰が何を受け取るのかなど、それらの内容について分割協議が行われます。その後、必要・不要な物を分けて遺品処分していく流れになります。また、その中で売却可能な遺品があれば買取りすることも可能です。また、遺品整理では供養が必要であったり、特殊清掃が必要な場合もあったり、専門的な知識を要します。一方、不用品回収は、家の中を綺麗に片付けるお手伝いになります。

 

初めに確認しておきたい「料金システム」の明瞭

 

荷物の量について

処分する荷物量と言うのが、遺品整理で最も料金に影響してきます。回収しなければならない物が少ない場合、処分料が抑えられるので料金もリーズナブルになります。また、家財が少ない場合、搬出するスタッフ件費も少なく済みます。また、基本的に、家全体に物が沢山ある状態は安くなりづらいことも覚えておきましょう。

 

処分品の種類

遺品整理業者では、様々なリサイクル業者と提携しており、なるべく費用をリーズナブに抑える努力を行っています。処分料がかかる物であっても、無料、或いは、買取することも可能です。

 

作業希望日や対応期日

例えば、賃貸解約日の関係で作業完了の期日に希望があるなど、期日が迫る緊急案件と言うのは、作業完了日数に余裕がある場合より、料金が割高になります。その理由は、作業日に希望があり迅速な作業が必要となると、多くのスタッフを要することになるからです。特に、家が広い場合になると、短期で作業を終わらせるにはトラックを何度も往復させる必要があり、その分人件費が発生してくることも理解しておきましょう。

 

建物や道路の状況

家周辺の道路環境でも、料金と言うのは変わってきます。例えば、マンションやアパートなどで暮らしている場合は、建物階層やエレベーターの有無が作業効率に影響します。また、家の近辺でトラック駐車できるか、それによっても作業効率に影響が出ます。

2020年09月09日

サクセスのホームページがオープン!

株式会社サクセスのホームページがオープン!

釧路市・道東エリアの壁紙・クロス張替え、不用品回収、遺品整理は当社にお任せ下さい!

2018年10月16日